『ポパーとウィトゲンシュタインとのあいだで交わされた世上名高い10分間の大激論の謎』デヴィッド・エドモンズ、ジョン・エーディナウ

 ちくま学芸文庫。二木麻里 訳。
 ウィーン出身でともにユダヤ人の家庭に生まれた二人の哲学者、カール・ポパーとルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン。この二人がただ一度だけ顔を合わせたことがある。1946年10月25日金曜日の夜、ケンブリッジ大学のモラル・サイエンス・クラブの定例会合にゲストとして招かれたポパーの前にはウィトゲンシュタインもいた。「哲学の諸問題はあるか」というテーマでポパーによって始められた公演の直後、ウィトゲンシュタインは真っ赤に焼けた火かき棒を手にして自説を展開し、部屋を出て行ったといわれる。
 このときの状況には不明な点が残っている。ポパーのその後の証言は、その場に居合わせた他の教授、学生たちとの証言と合わないところがある。また、皆の記憶も曖昧になっている。そのときいったいどういうやりとりが二人の間で行われ、実際には何が起きたのか。このことについて、多くの証言、資料を用い、二人の哲学者の生い立ち、時代背景、哲学への向き合い方、思想等をとおして、真実を追い求めていく。
 ポパーが一方的にウィトゲンシュタインのことを敵視していたことは確からしい。哲学の諸問題はあると考えていたポパーに対し、哲学の諸問題はない、あるのはただ謎だけだと考えていたウィトゲンシュタインの思想は相容れない。反証可能性という概念を生み出し科学哲学を前に進めたポパーと、あくまで言語のあり方にこだわり続けたウィトゲンシュタイン。元々ウィトゲンシュタイン・フリークである私にとっては、ウィトゲンシュタインに肩入れしたいところなのだが、はてさて事実はいかに。
 本書はこの10分間の出来事を語るということをテーマにしているけれど、彼ら二人の二重評伝として読んでも面白い。第二次世界大戦時のユダヤ迫害の不合理さ、そしてそれらから彼らがどうやって逃げてきたのか、迫真に迫る記述は興味深い。もちろん、二人のバートランド・ラッセルやウィーン学団との関わりなど、哲学という学問をとおした展開も隅に置けない。この本は文句なしに面白い。ポパーやウィトゲンシュタインのことをある程度知っているのなら、さらに面白く読めるだろう。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。