『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』西野 亮廣

 幻冬舎。
 著者は過去に『えんとつ町のプペル』という絵本を30万部以上の大ヒットに導いている(そしてたぶん今も売れ続けている)。この絵本の発行はこれまでの常識から考えると異例づくしだった。一人で絵本を作るのではなく、チームで作った。クラウドファンディングで1億円以上も集めた。絵本の内容をすべて無料公開した。本人が発売前に一般人から予約を募り、自分で出版社から1万冊もの絵本を購入した。『プペル展』の開催を一般の人に委ねた等々。
 これらの中には大バッシングを受けたものも多数あったようだが、本人は動じていない。本書では、なぜこのように異例の方法で絵本を売り出すことにしたのか、詳しく解説している。バッシングに動じない理由もそこでわかる。著者は周到に計画を練った上で、これらのことを実行している。
 ネット社会あるいは情報社会が広がることで、当然ビジネスモデルは変わって然るべきだ。これまでの出版業界はそれらにうまく対応して来なかった。社会の変化に対応して、柔軟に売り方を変えて行かなければならない。そのためには○○が必要だ、というのが著者の主張である。彼の主張は実に論理的である。彼を嫌う人も多いし、彼の普段の言動からその理由もわからないわけでもないけれど、少し耳を傾けてみると得られることも多いのではないか。この本を読んで、そんな気がした。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。