『 鳳凰單欉黄枝香(2017)』遊茶

 ほうおうたんそうこうしこう。広東省潮州市潮安県鳳凰鎮が産地のお茶。單欉(たんそう)は一株のことで、元々お茶の木一株からできたお茶だから、こんな名前になっている(たぶん)。分類的には青茶のひとつ。元来の漢字は「黄梔香」なのだそうで、「梔」はクチナシのこと。
 ものすごく香りがいい。花のように華やかで、芳醇な香り。味もしっかりしていて、雑味がなく、とてもおいしい。青茶は烏龍茶系のお茶だけれど、そんじょそこらの烏龍茶とは桁違いのおいしさを味わわせてくれる。これはお薦め。

遊茶』東京都渋谷区神宮前 5-8-5

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。