『Rest』Charlotte Gainsbourg

 2017年。シャルロット・ゲンズブール。
 フランス語の響きが好きで、たまにフレンチ・ポップなぞを聴いてみたくなる。そんな気分を感じ取ってくれたのか、ベストなタイミングでシャルロット・ゲンズブールの新譜が出たというのを聞いて、取り寄せてみた。
 シャルロット・ゲンズブールは私にとっては女優であって、以前に何度か彼女が主演の映画を観たこともある。でも歌手としての彼女はよく知らなくて(映画の主題歌なども担当していたようだが)、今回がほぼ初めての彼女の歌との出会いだった。ジャケット写真を見たときは、正直私のイメージしていたシャルロットとはまったく異なっていて戸惑ったが、歌声には彼女の印象がそのまま残っていた。軽やかにふわふわと浮いているようにささやくように歌い上げるさまは、母親のジェーン・バーキンとはまた違っていて、より私好みだった。ポール・マッカートニーから提供された『Songbird in a Cage』以外はすべて彼女が作詞していて、曲調としては全体的にエレクトロニックな雰囲気を持つ曲が多い。『Rest』や『Sylvia Says』、『Dans Vos Airs』なんかが結構好きな曲だった。ちょっとほかのアルバムも聴いてみたくなった。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。