『やってはいけないデザイン』平本 久美子

 翔泳社。
 ノンデザイナー向けのデザインの入門書である。デザイン以前に、まず原稿の話から入っているのがおもしろい。説明文やタイトル、キャッチコピーのことだ。その話をした上で、レイアウト、文字・フォント、カラー、写真・イラストなどについて解説している。ほぼすべてのテーマについて、「やってはいけない!」例と「これでOK!」例を提示し、それに解説を加えるという形をとっている。最後にはフリー素材サイトの紹介やお薦めのデザイン参考書についても触れている。
 個人的には「やってはいけない!」デザインなんてものはなくて、ただ、ダサかったり伝わりにくかったりするデザインがあるだけだと思っている。それはさておき、この本に挙げられている「やってはいけない!」例は、わりと私の職場でもよく見るちょっとイケてない素人臭いデザインであることは確かである。デザインを外部に発注してこんなのが出てきたら、たぶん呆れる。本書ではそれをどうすれば改善させることができるのか改善案を提示しているわけだけれど、ほんのちょっとのことなんだけど、驚くほどデザインが良くなっている。プロとしてはこんなのは当たり前のことばかりかもしれないけれど、業務上で名刺やパワポ資料、チラシなどを自分で作らなければならないときには、大いに参考になるだろう。とてもわかりやすかった。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。

コメントを残す