『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』新井 紀子

 東洋経済新報社。
 著者は、AI(人工知能、AI技術)を使って東大合格を目指す「東ロボくん」プロジェクトを運営していた数学者である。今のところ教科によっては東大合格レベルには達しているものの、全体では合格レベルには至っておらず、今後もそれは無理だろうという。国語や英語が足を引っ張っているらしい。コンピュータができることは所詮四則計算だけであり、意味を理解することができない。SiriとかAmazon echoとか、話しかけるといかにもそれらしく答えてくれる機械はあるけれど、意味を理解してそう答えているわけではないのだという。つまりAIには読解力がないのだ。そういったコンピュータの仕組みを考えると、AIの能力が人間を超えるシンギュラリティが到来することはないと、著者は断言する。だから人間を滅ぼすこともないと。とはいえ東ロボくんの偏差値は57を超え、MARCHレベルの大学に入る能力はあるのだという。これはどういうことを意味するのか。問題はここからである。
 中学、高校に通う生徒に、教科書や新聞レベルの文章を理解できるかどうかのテストを行ったところ、3分の1の生徒は理解できていないという結果が出た。教科書の内容を覚える以前に、教科書の文章が理解できないというのだ。文が読めない。つまり読解力がない。これはAIの苦手とするところと同じである。AIはこれからも発達していって、今人間が行っている仕事もAIに置き換えられていることは容易に想像できる。そのとき、AIがすべての仕事を奪うことはない。人間にしかできない仕事があるからだ。文章を読んで理解し、正しい推論をして判断するというようなことだ。しかし現状は、これらのAIの苦手とする分野を担えない人材がかなりの数存在する。つまりAIのできることしかできない人材は、今後仕事がなくなっていくということだ。著者はそのことを憂えている。
 教科書を読めない生徒がかなりの人数存在するという事実を、多くの教員などに認識してもらい、それをどうやって改善していったらいいのかみんなで考えてもらいたい、という活動を著者はしている。小学校から英語やプログラミングをなんて話が進んでいるけれど、その前にもっと大事なことがあるだろうと著者はいう。詳細は本書に譲るけれど、そうやって人間とAIがうまく共存できる世界をつくっていけるよう、皆が認識を新たにして努力していく道筋づくりを応援したい。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。