『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 』山口 周

 光文社新書。副題『経営における「アート」と「サイエンス」』。
 タイトルにある「美意識」は、本書の中では「アート」として扱われている。そしてその「アート」とは美術のことを指すのみならず、哲学や文学などの人文系の分野を含む大きな枠として捉えている。その上で、これまで「サイエンス」と「クラフト」が中心だった経営概念に「アート」を加えて、3者のバランスをとるべきだとしている。「サイエンス」の特徴として挙げられるのは論理的、理性的であるということであるが、今の時代、この論理的・理性的な情報処理スキルが限界に来ているのだという。みなが論理や理性に沿って決断を行うと、すべての企業は同じ戦略をとることになってしまい、頭を一歩抜き出すことができなくなる。そこで、論理性は担保した上で、それで判断できないことに対しては感性や直感、つまり「アート」を重視していかなければならないとしている。そして日本はその流れに少し乗り遅れているけれど、日本の伝統的な美意識は国際的優位性があるのだから、これからはうまく「アート」の概念を取り入れることで、また世界で活躍できる企業が育つ土壌はあるのだと希望を託している。
 このような全体的な著者の結論に対してはまったく異論はない。ただ、この話は主に経営層の話なんだろうなと思った。私の身の回りを見てみても、世間の人たちを見てみても、論理的スキルがきちんと身についている人はそれほど多くはない。論理すらたどれない人が感性や直感のみに頼って行動するのは、経営としてはリスクが高すぎる。本書にしても、論理的に説明できることまで感性に訴えたり、論理で説明できないはずの感性を論理的に論じてみたりと、内容が破綻しているところがある。それほどまでに、プロにとっても論理性の担保は難しい。
 そのような些末な点はひとまず脇に置きさえすれば、上で述べたような著者の説明は十分に納得できるものだ。技術力だけが高くても製品が売れるとは限らない。また、技術は再現可能ということでもあるから、たとえ一度技術力によってトップに躍り出たとしても、他社はそれを真似することができて、すぐにコモディティ化してしまう。そうなるとそこから先はコスト競争力の世界になってしまう。そういったループに陥らないためには「美意識」つまりは「アート」で差をつけなければならない。なるほどである。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。