『tamago』あいみょん

 2015年。
 1曲目の『貴方解剖純愛歌~死ね~』から、いきなり強烈なパンチを喰らう。この曲がデビュー作らしいのだけれど、愛をこんな形で表現してしまう「あいみょん」というシンガーソングライターの行く末が恐ろしい。私は邦楽を聴くときもあまり歌詞が耳に入ってこない方なのだが、彼女の歌はまっすぐに心臓めがけてやってくる。
 実はそんな直球勝負の素直すぎる歌詞だけだと、そんなに好きにはならなかったのかもしれない。その歌詞を乗せているメロディやアレンジ、そして彼女のちょっとがさつな自然な歌声もまた、私の心を虜にする。
 ときどき自分の音楽的趣味がわからなくなる。きっと私は雑食なのだろう。好きなときに好きなものを食べて生きていって、ただそれだけで満足なのだ。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。