『Heart First』Halie Loren

 2011年。ヘイリー・ロレン。
 一応ジャズヴォーカル作品に分類されると思うのだけれど、ちょっとポップスっぽい親しみやすさがある。もしかするとそれは収録曲のせいかもしれない。オリジナルもあるけれど、ミュージカルやシャンソン、レゲエ、ラテン、ロックなど、さまざまな出自の曲であふれている。でもやっぱりジャズだなとは思う。ニール・ヤングの曲が、ジャジーに跳ねている。
 彼女の歌は肩の力を抜いて気楽に奏でているように聞こえるんだけど、その力の抜き加減が絶妙で、さりげなくファルセットをまぜてくるあたりさすがだなと思う。バックのギターやピアノ、アコーディオンもお洒落で、全体としてバランスのとれた聴きやすいアルバム。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。