『勘違いをなくせば、あなたのホームページはうまくいく』中山 陽平

 技術評論社。副題「成果を上げるWeb制作・ネット集客・販促戦略の心構え」。
 ホームページづくりのデザインの本だと思っていたのだけれど、そうではなかった。これはマーケティングの本です。
 ネット専門家(パートナー会社)との付き合い方、社内体制・ウェブ担当者についてのあるべき姿、ホームページを作る時に気をつけること(デザイン・コンテンツ)、広告やSEOについてのこと、アクセス解析の考え方、オフライン販促との関係性。そんな内容が、この本には書かれている。個別・具体的な話というよりは、ウェブを使った販促を考える前に考慮すべき心構え、考え方みたいなものについて書かれている。
 わりと当たり前の話ばかりに感じるけれど、確かに今までいろんなウェブサイトを見てきて、本書で書かれているようなことを実践していないがために、残念だなあと感じたり、あ、このページ見たくない、ここでは買いたくないと感じるサイトはよく見かけるかもしれないと思った。自分のサイトは販売促進のためのサイトではないので、必ずしもここに書かれていることをそのまま実践するには齟齬があるのだけれど、それでもまだまだ改善の余地はあるなと感じた。そもそも私のサイトは、存在の目的がよくわからないという致命的な欠点があることは痛感した。今度の冬休みは、ホームページのリニューアル構想を練ってみようか。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。