『一歩先にいくWordPressのカスタマイズがわかる本』相原知栄子、大曲仁

 翔泳社。プライム・ストラテジー株式会社監修。
 WordPressを使ってホームページを作る時に、なんとなく言われるとおりにマウス動かしてたらできてしまった、という類いの本では無い。それだけではなく、テーマをカスタマイズしたりいろんなオプション機能をホームページに加えたいときにどうすればよいかが、この本には書いてある。
 ただし、容赦なくhtmlやcss、phpのコードがでてくるので、せめて初心者程度のWebプログラミング知識はないと、何が書いてあるのかよくわからないかもしれない。しかも、ポイントをつかむためのコードは掲載しているけれど、説明に必要のない部分は全部省略されているので、実装するときにはネットで調べてみるなど、多少の手間はかかりそうだ。
 でもWordPressの全体像がちゃんと載っているのはうれしい。テスト環境のつくり方から、WordPressの全体の仕組み、バックアップ、本番環境への引っ越しの仕方まで、ひと通りのことはわかる。私が求めていたのはまさにこの部分だったので、とても役に立った。
 今はhtmlとcss、jQueryを主に使ってホームページを構築しているのだけれど、これらをWordPressに移行するときのイメージが湧いたのは収穫だった。ただ、結構面倒くさい作業が控えていることを実感したのもまた確かで、自分のホームページの大改修はかなり先のことになるような気がする(もっと他にやりたいことがあるので)。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。