『瞬間的シックスセンス』あいみょん

 2018年。シンガーソングライター、あいみょんのセカンド・フルアルバム。
 まだセカンドなんだ、という感じがする。もうずっと前から聴いてるような気がしてたから。「マリーゴールド」がまだ売れ続けているみたいなので、それを目当てに買う人もいるのかもしれない。この曲はやっぱりいいな、と思う。私はテレビを観ないのでどれがタイアップかどうかなんて全然わからないのだけれど、たぶんたくさんタイアップ曲が含まれているんだと思う。
 「マリーゴールド」以外も好きな曲が多い。「プレゼント」、「ひかりもの」、「今夜このまま」、「あした世界が終わるとしても」などなど。正直をいえば、苦手な曲は1、2曲だけ。メロディと声がとても好きなんですね。あいみょんといえば、「死ね」とかみたいに過激な表現が斬新で魅力的だなんても言われてるわけだけど、私は歌を聴いても歌詞があんまり頭に入ってこないクチなので、それ以外の部分に心惹かれるわけです。
 だからこのアルバムは初期の頃の毒が抜けてヒットを狙ってるみたいで好きじゃないとかいう人もいるけれど、私はそこのところはどうでもいいので、このアルバムはとても好きです。ファーストに比べるとアルバム全体のバランスや音づくりも一段上を行っていると思うし。強烈な毒気が好きだった人には物足りないのかもしれないけれど、いいと思う。前作『青春のエキサイトメント』に入っていた「君はロックを聴かない」の路線を承継したようなアルバムじゃないだろうか。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。