『Stolen』Lotte Kestner

 2011年。ロッテ・ケストナーは、アメリカのシンガーソングライター、アンナ・リン・ウィリアムズ(Anna-Lynne Williams)のソロプロジェクト。2012年に解散したトレスパッサーズ・ウィリアム(Trespassers William)のヴォーカル、ギターを担当していた。
 このアルバムはたぶん彼女名義のセカンドアルバムにあたる。ロッテ・ケストナーは日本では『Covers』(2017年私の記事)というカヴァーアルバムがわりとヒットしたと思うのだけれど、本作もカヴァーアルバムだ。といっても私はこの中の曲は何ひとつ知らない。他の人の感想などを見てみると、原曲とはかなり変えて歌っているらしい。バックはギターやピアノ、シンセなどを使った弾き語りのような感じで、とてもシンプルな編曲になっている。逆にそのシンプルさのせいで、彼女独得の一見か細いながらも芯のあるささやくような歌声が際立って聞こえる。私はこの歌声にすっかり魅了されてしまったのです。
 この中の曲では、「Wait For Me」、「That Look You Give That Guy」、「Earlies」、「True Faith」などが好きですね。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。