『老荘思想がよくわかる本』金谷 治

 新人物文庫。副題「あるがままの生き方のススメ」。
 『老子』と『荘子』のふたつの書物を底本とし、老荘思想を読み解いている。どちらも人物の名前としても用いられるが、彼らが本当は誰のことを指すのか、あるいは実在する人物なのかどうかについては、学説が分かれるらしい。本書では、あくまで書物としての『老子』、『荘子』を読むことに徹する。これらの思想の対立軸としてよく比較される儒教との関連などについても詳しい。
 原文(本書では書き下し文となっている)から直接解釈を試みている点で、かなり学術的な内容になっている。昔の中国の文献は、音が同じであれば違う漢字を当てはめてみたりと、なかなか意味をとるのが難しいようで、研究者によっても異なる見解の部分が多いらしい。そのあたりの事情についても丁寧に議論しており、著者の真面目さが伝わってくる。ただし、そのような真面目さが逆に回りくどさにもつながっていることは確かで、副題の「あるがままの生き方のススメ」につられて、軽いノリで本書を手に取ってしまうと、痛い目に遭う。これは自己啓発書のようなハウツー本とは一線を画しており、かなり本格的な本なのだ。
 老荘思想というと、無為自然だとか桃源郷だとか胡蝶の夢だとか断片的な単語は出てくるものの、個人的にはあまり統一されたイメージは持てていなかった。だから老子と荘子の違いも考えたことなどなかったのだけれど、本書ではこれらの違いはかなり明確に描き出されているように感じる。これまで、孔子の儒教思想より、道教的な老子の方が自分に合っているなあくらいに、なんとなく思っていただけだったのだけれど、本書を読むことで、実は私は老子の考え方よりも荘子の思想にとても共感を覚えてしまうのだな、と新たな発見をした。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。