『科学者はなぜ神を信じるのか』三田 一郎

 講談社ブルーバックス。副題「コペルニクスからホーキングまで」。
 理論物理学者である著者は、あるとき「先生は科学者なのに、科学の話の中で神を持ち出すのは卑怯ではないですか」と、ひとりの高校生から言われたのだという。本書はそれについてどうやって説明をすればいいのか、著者が考えたことを元にして書かれている。
 コペルニクスからガリレオ、ニュートン、アインシュタイン、ボーア、ハイゼンベルクといった科学者が、神についてどういう見解を持っていたのか、神を信じていたのかいなかったのかも含めて、彼らの科学的成果との関連も追いながら解説している。
 神が世界を創造した。神は土から人間を作ったなどということを彼らが信じていたというわけではないらしい。聖書の言葉を字義通りに捉えることと、神を信じることは別なのだということは、この本を読むとよくわかる。例えば次のように考えていたようだ。こんなに系統立てて科学で説明できる合理性は神が存在するからこそ成り立ちうるのだ、みたいな感じで神を信じていたり、ビッグバン以降のことは科学で説明できるけれど、それまでのことは神がいないと成り立たないと考えていたり。このように、科学者によって信じ方はちょっと違うけれど、神を信じる理屈はわからないでもない。その辺の事情はなかなか興味深い話ではある。
 しかしながら、皮肉にも本書で一番役に立つのは、科学者がなぜ神を信じるのかについての話ではなく、コペルニクス以降の物理学の歴史を実にわかりやすく解説している点にある。この本を読んでも科学者がなぜ神を信じるのかなんてわからない(少なくとも私にとっては)。美しい物理法則を作りえたのは神がいたからこそだみたいな言質を聞いた時点で、ああ、神を信じることと科学を信じることは全くの別の次元の話で、これらを結びつけて考えてしまうのは、人間のバイアスみたいなものなんだな、というあまのじゃくな理解に、私は最終的にたどり着いた。著者が伝えたかったことは、残念ながら私には伝わらなかったようなのだけれど、物理学の入門書としてはおもしろい本だということは保証する。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。