『FOLKLORE』AOKI,hayatoとharuka nakamura

 2015年。「フォークロア」。AOKIがギターとハーモニカ、nakamuraがギターとピアノ。nakamuraはピアニストだと思っていたので、ギターの音がCDから流れてきて、ちょっとびっくりした。
 ギターとギター、ギターとピアノなど、曲によってその組み合わせは異なるけれども、どれも静かで穏やかな作品ばかり。日々の生活に疲れたここ1ヶ月ほどの私にはぴったりの音楽で、いつも暖かく体を包んで、心を癒やしてくれていた。最近音楽の感想をブログに載せていなかったのは、このアルバムばかり聴いていて他のアルバムに手を出していなかったせい。このアルバムには本編と特典の2枚のCDが含まれていて、本編は時間をかけて作ったものらしいけれど、特典は二人で初めてのセッションを収めたものなのだという。でもどちらもちょっと即興っぽいところがあって、テイストは似ている。ずうっとエンドレスに時の移ろいにあわせて弾き続けているみたいな、そんな感じ。
 ホント、癒やされる。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。