『ゴッホの眼』高階 秀爾

 青土社。今年も新版が出ているけれど、私が読んだのは2005年版。
 ゴッホの描いた絵を通して、ゴッホの内面に迫った本。章としては主な作品にちなんだテーマが取り上げられていて、「アルルの向日葵」「不在の椅子」「古靴と寝室」「種まく人」「刈入れする人」「星月夜」「鳥の飛ぶ麦畑」「イエスとしての自画像」に分かれている。最後の「イエスとしての自画像」だけは、ゴッホではなくゴーギャンに焦点を当てたもので、なぜ本書で取り上げられているのかはよくわからない(ゴッホも出てくるけれど)。
 章の名前を見ると、美術ファンであれば、ああ、あれね、という感じで想像がつくことと思う。それぞれの絵に込められた思い、背景、その頃のゴッホの内面世界、葛藤などが、資料や想像を交えて丁寧に語られる。ゴッホの最期は自殺だったとはよくいわれることだけれど、あれは自殺ではなかったのではないかとの著者の考えが披露されたりもして、興味深い。
 本書を読むと、偏執狂的な面を多分に含んだゴッホの一途なまでの真面目さが、痛いほど伝わってくる。ただし、あまり他人の気持ちを察することはなかったようで、まわりの人がゴッホを避けるようにしていた状況もまた、よくわかる。そこがまたゴッホを追い詰めた部分もあるようなので、生きるということがいかに難しいことなのか、考えさせられる。絵画論としても人物論としてもおもしろい。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。