『土と、白の色彩』Kazunori Sugama / Mayu Gonto

 2019年。
 菅間一徳のギターと権頭真由のピアノが奏でる二人のハーモニー。静かに、でもしっかりと大地を踏みしめて歩いている、そんな感じが伝わってくる1曲目の表題曲。それが2曲目の『ミシンのリズム』では打って変わって賑やかなおしゃべりが始まる。そうやって、『耕す』『水辺との別れ』『落ち葉 たった、ひとつの』『結晶』『あの雲へ ゆきたい』と進み、『音楽の日』でアルバムを締めくくる。
 ギターとピアノはまるで違う旋律を奏でているのに、息はぴったりで、それぞれがそれぞれの隙間を埋め、ときには絡み合い、ときには距離を置いて、寄り添い合い、歩いている。絶対的な信頼がそこにはあって、ゆるぎない空間を形づくっている。空間というのは、気体分子が気ままに動き回っている自由で流動的なものであるはずなのに、なぜだかそこに目に見えない階段があって、その見えない道を歩いてどこにでも行けるような、そんな不思議な気分におちいってゆく。空から見る大地の景色は、どこまでも尊い。

『雨と休日』でみてみる

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。

コメントを残す