「特級白牡丹」遊茶

とっきゅうはくぼたん。遊茶で購入。

白牡丹は白茶というグループに分類される中国のお茶で、今回の茶葉は(たぶん)福建省政和県産の政和大白茶種という品種のもの。製法的には、お茶の芽と葉を、ほったらかしにして乾燥させただけなんだけど、ほったらかしにしている時間を長めにとっているので、その間に香りの成分がたくさんできるらしい。

とてもあっさりしたお茶だけど、かすかな芳香が鼻と口をくすぐって、なんだか心が高貴になった感じがする(気のせいだろうけど)。一般の日本人にとって中国茶というと烏龍茶を思い浮かべるのかもしれないけど、これは烏龍茶とは全然違って、あえて言えば、ダージリンのファーストフラッシュみたいな感じだ。さわやかで新鮮な香りでクセのない味が、体の熱を冷ましてくれるかのような。だから夏向きのお茶と言われているんだろうけど、私は白茶が好きなので、年中飲んでます。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。