『芸術闘争論』村上隆

幻冬舎文庫。『芸術起業論』(ブログ記事)の第2弾みたいな位置づけの本。

慣れっこになってしまったせいか、『芸術起業論』で感じた過激さは、あまり感じなかった。でもこっちの方が難しい。前作はわりと著者の思いをそのままぶちまけたみたいな雰囲気もあったけれど、本書は日本の現代美術アーティストに対して、彼の思いを「丁寧に解説」してる感がある。丁寧な分だけ、逆に難しいという逆説。

芸術とは何かについて、現代の世界と日本の情況、あるいはそれぞれの歴史をまず語る。そして現代美術の鑑賞の仕方、実際の現代美術のつくり方、そしてアーティストになる方法へと進んでいく。

現状の日本のあり方がよくないと思っているのは基本線としてある。でもちゃんとした方法論を学べば、きっと世界に羽ばたいていけるし、今の日本のたこつぼ的な情況も打開できるんじゃないかと思っている。そして、それを実践しようとしてがんばっている様子も強く窺える。

この本にはたくさんのことが詰め込まれているのだけど、日本人は才能がないわけじゃなく、デッサン力なんかむしろ高いし、世界のアートシーンを知らなさすぎるだけだといっているように思える。まあ、かなり単純化した要約になってしまっているけど。

ただ、始めの方にも書いたけど、著者の主張を正確に理解するのは、ちょっと難しい。若者が悪いと言ってみたり良いと言ってみたり、アーティストになるのは簡単だと言ってみたり難しいと言ってみたり(あくまでこれは例で、その通りの文言を使っているわけではない)。私が思うに、それは彼の主張の複雑さからくるのでもないし、ましてや彼の主張があまりに突飛だからという理由でもない。

たぶん単に文の構成の問題なんだと思う。文脈をきちんと追っていけば彼の言いたいこともわかるんだけど、なにせ話題が入り組んで書かれているので、一瞬矛盾を感じることもあった。読み返して熟読すればその誤解は解けるのだけど。

日本では、芸術とかアートというのは、好き勝手にやりたいこと(描きたいこと)を自由にやることだという考えが根強いけれど、そうじゃない!アートにはルールがある!ということを著者は教えてくれる。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。