『チャヴ』オーウェン・ジョーンズ

海と月社。依田卓巳 訳。Owen Jones。「弱者を敵視する社会」

イギリスの労働者階級を巡る社会問題についての本で、原著は2011年に上梓されている。「チャヴ」とは何かというと、広く言えば労働者階級全般のことを指すのらしいのだけれど、ことはそう単純じゃない。著者によると、「中流階級の謙虚さや上品さがなく、悪趣味で品のないことにばかり金を使う浪費家」といった意味でこの言葉を使う人が多いという。

かなり乱暴に言うと、「チャヴ」は、何の努力もせずに公的保護の恩恵にあずかって好き勝手に税金を食い潰してるんだから、馬鹿にしてもいいし、そんな人のために政府が何かをしてやらなくてもいい、という文脈で語られる労働者階級のことを指しているようだ。

私の子供の頃は、イギリスといえば、ゆりかごから墓場までといわれるように福祉に力を入れているという風に習ってきたような気がする。でも今は違うみたい。

本書によると、サッチャー政権が登場すると、イギリス社会は大きく変わったらしい。労働組合の力は弱められ、地方の工業は衰退を余儀なくされた。さらに、階級なんてものは存在しない、今それぞれの人が置かれている状況は自己責任に基づくものだ、みたいな感じの主張がすり込まれ、格差がどんどん広がっていったのだと(たぶん)著者はみているらしいことが読み取れる。

正直なところ、イギリスって今こんなにヤバイの?ホント?という印象を持ってしまった。アメリカにトランプ大統領が出てきた頃から、なんだか世界中が同じようにとんでもない時代になってきたな、という印象はあったんだけど、この本のイギリスの話を聞いていると、労働者側の言い分がわからないでもなくなってくる。本書ではトランプ氏のことはまったく述べていないけれど、現象としては近いものがあるような気がする。

この本はとても込み入っていて、系統立てて要約することが難しい。階級ということが大きなテーマではあるのは確かで、大きくは次の3つの階級があると考えてよい。労働者階級、中流階級、富裕者階級。で、富裕者階級についてはブレはないけれど、労働者階級、中流階級については、かなり流動的な概念として語られる。

ここは注意して読み進めなければならないんだけど、サッチャーが階級なんか存在しないと言ったあとに発生したのは、大量の中流階級意識をもつ人たちだという。日本でいう一億層中流社会みたいなものだろうか。でも中流といいつつ自分たちは労働者だと考える人も多数いたみたいだ。そしてチャヴは労働者階級のことだとはされているけれど、実際にチャヴという言葉が指すような概念に当てはまる人はごくわずかなのだという。

ただ、そのごくわずかな特別な人たちの特徴はそのまま労働者階級全般に当てはまるみたいなプロパガンダが政治家、マスコミによってつくられ、社会通念化していった。副題にある「弱者」はチャヴという言葉からイメージされる人たちとは違うし、一般には労働者階級と同一視されるともいえるけれど、必ずしもそうとは言い切れないところもある。チャヴと弱者と労働者の違いをはっきりと分類することはできない。文脈に依存している部分がある。

とはいえ、イギリスには「弱者を敵視する社会」という一面があるのは確からしい。著者はその社会が生まれた原因、現状について、かなり詳しく分析している。そして最後には一縷の希望を託してはいるのだが、それは解決策なのではなく、あくまで希望なので、それをどう実践していくかは読者それぞれに委ねられていると言っていいだろう。

これはイギリスの話だが、我々日本人にとって他人事だろうか。私にはどうもそんな風には思えない。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。

コメントを残す