時には昔の話を(加藤登紀子) Solo Guitar Cover by Saki

映画『紅の豚』のエンディングで使われていた、加藤登紀子さんの『時には昔の話を』をソロギターでカバーしてみました。

弾きやすさ優先のため、原曲キーとは違います。カポは3フレットにつけてます。南澤大介さんのアレンジと同じ部分がかなりありますが、ちょこちょこ変えてます。

録音時にかなり雑音が混入したので除去を試みたんですが、そうしたら全体的にギターの音も変わってしまいました。まあいっか、とそのままアップしてます。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。

コメントを残す