『ファンタジー風景の描き方』ゾウノセ、角丸つぶら

ホビージャパン。「Clip Studio Paint Proで空気感を表現するテクニック」

ペイントソフトを使ったファンタジー風景の描き方を解説している。

まず風景イラストの基本を学んだあと、技法別メイキングとして、スピードペインティング、シルエットペインティング、テクスチャペインティング、パースペインティングの4つについて、それぞれ詳説している。

基本のところはともかく、それ以外はペイントソフトの使い方の本です。風景の描き方というのは間違っていないですが、ファンタジーに特化した本かといえば、それは違うと思う。そのあたりは、タイトルと内容との間にきちっとした対応がないので、もやっとしました。

あと、amazonなどのレビューでは初心者必携とかのコメントが多いですが、この説明じゃ初心者には難しすぎるだろう、というのが私の感想です。

ある程度Clip Studio Paintを使いこなせた上で、いまひとつビビッとくる風景を描くことができないという悩みを持った人に照準を合わせているんだと思う。たぶんまったくの初心者だと、この本に書かれている内容を、PCやタブレット上で操作しようとしても、どうやっていいかわからないんじゃないか。

だからこの本はよくない、というわけでは決してないです。

この本は、ペイントソフトの基礎的な操作方法を学んだあとで、さらに風景イラストの完成度を高めていくために、とてもいい本だと思う。取り上げられているイラストはすごくかっこいいし、ソフトの操作方法も実に丁寧。ただ、その操作方法の説明が、慣れていない人にはハードルが高いというだけのことで。

まあ、それでも、マニュアルやリファレンスブックとこの本を行ったり来たりしながら、時間をかけてしっかり取り組めば、相当上達するような気はします。

ちなみに私は、この本にあるような素敵なファンタジー風景を描けた試しはありません。これからがんばります笑

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。

コメントを残す