『配信映えするマスタリング入門』チェスター・ビーティー

DU BOOKS。「YouTube、Spotify、Apple Musicにアップする前に知ってほしいテクニック」

一時期、音圧競争なんて言って、いかに音圧を上げて曲を仕上げるか、っていう本がたくさん出ていたけれど、今はそんな時代じゃないんですね。

CD時代から、ストリーミング時代に移ってきて、「ラウドネス」っていう指標が大事になってきたんだという。

配信を制するには「デジタル」と「ラウドネス」を使い倒せ、っていう感じでしょうか。

この本、専門用語はいっぱい出てくるんですが、とってもわかりやすいです。ブラグインと機材さえ揃えられれば、すぐにでも取りかかれます。理屈と数値がちゃんと載ってるので、理解しやすいです。あやふやでばふらーってした説明はほとんどない。

ただ、この本に載ってるプラグインとか全部買ってたらとんでもなく貧乏になるので、代用できるものは代用して、って感じでしょうか。理屈をきちんと理解できたんなら、違う会社のプラグインとか使う際にも全然問題にならないと思います。

あ、あとひとつ。いくら入門書といっても、ミックスとマスタリングの違いがわからない人向けではありません。

それにしても、YouTube、Spotify、Apple Musicその他もろもろの配信サービスによって、適切なマスタリングが変わってくるなんて考えてなかった。時代についていけない……

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。