『増補 アニメーターズサバイバルキット』リチャード・ウイリアムズ

グラフィック社。著者は映画「ロジャー・ラビット」のアニメーション監督

すっごい分厚くて大きい本ですが、とってもいいです。

私はアニメーションの作り方がまったくわからなかったので、入門用にと買ってみました。

コマ割りの仕方、キャラクターの動かし方など、図解が多くてわかりやすいです。実写をそのままトレースしても自然なアニメにならないことは初めて知りました。鑑賞者に訴えかけるためのことがふんだんに盛り込まれていて、とても役に立ちます。

アニメーターってすごいな、と改めて思いました。

この本は背景の動かし方とかはほとんど書いてなくて、だいたいがキャラクターの動かし方なんですけど、アニメの作り方の基本がばっちり載っているので、すごくよかったです。

なんかショートアニメでも作ってみたいなあ。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。