『ファスト&スロー(上・下)』ダニエル・カーネマン

ハヤカワ・ノンフィクション文庫。あなたの意思はどのように決まるか?

行動経済学の本です。一般向けの本なのですごい難しいというわけではないですが、結構な分量はあるし、そこら辺のビジネス書とは違って、読者におもねった感じもないです。ちゃんとした研究に基づいてます。

この本では、二つのキャラクター、二つの人種、二つの自己について書かれてるんですが、このうちの「二つのキャラクター」が、タイトルの『ファスト&スロー』にあたります。「速い思考をする直感的なシステム1」と「遅い思考をする熟考型のシステム2」です。

システム2はめんどくさがり屋だから、多くの場合システム1の直感的な思考が働いている、またはシステム1が判断している、っていうんですね。で、たいていはそれでうまくいくんだけど、たまに大きく間違ってしまうと。

行動経済学が出てくるまで一般の経済学が想定していたのは、人間はとっても合理的に考える、っていう大前提だったんですね。そしてそれはまったく疑うべきことじゃなくって当然のことだった。

でもさっき言ったシステム1は大きく間違った判断をすることがある。しかもたいていは人間はシステム1によって行動している。

ん?じゃあ実際の経済は全然合理的じゃない人間が動かしてる、ってこと?今までの経済学っていったい?

ってなるわけですね。

今まで当たり前のことだった考え方がひっくり返っちゃう、っていうのをコペルニクス的転回とか言ったりしますけど、行動経済学の出現ってそれに似たものがあるのかも、って思っちゃいます。経済学と心理学が出会ったところに、この学問の出発点があるみたいです。

とってもおもしろいですね。視覚でいうところの錯視に近いことをついついやっちゃうのがシステム1、ってことですね。これ、結構強力で、システム2をもってしても抗えない(専門家でも間違っちゃう)っていうのが興味深いですよね。

実はこの本全体を通して読んだときに、何カ所かよくわからなかったところがあります。

誤訳?それともただの誤読?

その辺はあまり突っ込まないでささっと流して読んじゃったので、本が悪いのか私が悪いのかはわからず仕舞いだったんですが、直感に反した例がたくさん出てくる本なので、慣れるまで大変な人もいるかもしれないです。

まあそれはともかく、この手の、人間って一筋縄でいかない!系の学問好きです。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。