『カフェの空間学』加藤 匡毅

学芸出版社。「世界のデザイン手法」

著者はPuddleの共同代表であり空間デザイナー。建築屋さんです。

この本はそんな加藤さんが選んだ40軒ばかりのカフェを紹介してる本。日本だけじゃなく、オーストラリア、ヨーロッパなど、世界各国から選ばれている。

写真がいっぱいあって、平面図があって、著者による建築スケッチ、そして解説がある。

美しい!かっこいい!

スケッチにはテーブルとか通路とかの寸法も書き込まれていて、整理された線もオシャレ。

行きたいなあ、こんな空間でコーヒーを飲んでみたいなあ。
(行ったことのあるカフェもあるけど)

って、こんな顧客目線の本じゃないんですよね、きっと。たぶんデザイナー目線の本です。

3部に分かれていて、

  • 1部 場所とのかかわり
  • 2部 人とのかかわり
  • 3部 時間とのかかわり

って感じになってます。

でも私はデザイナー目線の人じゃないので、文章はよくわからなかったです。著者の思いや解釈がなんか専門的すぎて、高尚すぎて、意識高すぎて……

文章はよくわからなかったけど、視覚に訴えるものがメチャクチャつよいので、見ているだけで楽しいです。

私みたいな視点で本を手に取ってもいいんじゃないかなあ。かっこいいカフェのカタログみたい。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。