『良い戦略、悪い戦略』 リチャード・P・ルメルト

日本経済新聞出版。村井章子訳

戦略とは野望を掲げることでもなく、ビジョンやプランニングのことでもない。

そこ、勘違いしてる人多いよ

って感じで話を進めていく。

じゃあなあに?ってことだけど、この本読んでください。

論理的で合理的でちょっぴり科学的です。

チャートやマトリックスを埋めることで戦略ができた、と思っている人、読んだ方がいいです。

タイトルは『良い戦略、悪い戦略』って書いてるけど、著者はたぶんここでいう「悪い戦略」っていうのは「戦略」とすら呼べないと、心の底では思っているんだろうな。

そう思いました。

分厚いけれど、とっても読みやすいです。実例も多いです。この本を読むと、世の中に出回っている数多のビジネスのハウツー本を読むのがバカらしくなります。

あ、そんなこと言うと営業妨害になりますね笑

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。